1. HOME
  2. 眼振の実際
  3. 動画で見る検査方法

動画で見る検査方法

監修:聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科
教授 肥塚 泉 先生

各検査方法の手技について解説します。各検査の実施にあたりましては、注意点についてもご参照ください。

注視眼振検査

注視眼振検査 動画flv1

原理

各方向を注視させて前庭性異常または眼運動系障害に基づく眼振の有無を検出する。

手技

①坐位正頭位の患者の眼前50cm正面の位置に検者の指先またはボールペンなどの指標を示し、両眼で注視させる。 ②両眼視のまま正面、左30°、右30°、上30°、下30°の各点の指先または指標を30秒以上注視させる。左、右、上、下方向を注視させる途中で一度正面視をさせる。 ③水平および垂直方向にゆっくり指標を移動し、追跡眼球運動を検査する。また同様に各方向の指標をみさせ、急速眼球運動を検査する。
注意点
※患者の協力、集中力を要するため、疲労時には休憩をはさんで行う。 ※頭を動かさないように注意する。 ※眼鏡は原則としてはずし、コンタクトレンズはそのままで行う。

判定

・正面視および左右上下30°注視で出現する眼振は病的
・左右差のある場合や持続性の場合は病的の可能性あり

  • 注視方向交代性

  • 定方向性

    ※上図のように、すべての注視方向で眼振が生じるとは限らない

  • 回旋性

    ※上図のように、すべての注視方向で眼振が生じるとは限らない

頭位眼振検査

頭位眼振検査(坐位) 動画 flv2 頭位眼振検査(仰臥位) 動画 flv3 頭位眼振検査(懸垂頭位) 動画 flv4

原理

フレンツェル眼鏡下、赤外線CCDカメラ下または閉眼、遮眼、暗所開眼でのENG記録時、静的な頭位変化による眼振を観察する。耳石器刺激による末梢および中枢前庭系の不均衡に基づく眼振を検出する。

手技

①フレンツェル眼鏡あるいは赤外線CCDカメラを装着する。 ②-1坐位
坐位正面から、前屈、背屈、右下、左下に頭位を変化させて眼振を観察する。
②-2仰臥位、懸垂頭位
仰臥位正面から、頭部を右回し・左回し、次いで、懸垂頭位、懸垂頭位から、頭部を右回し・左回しに頭位を変化させて眼振を観察する。
(頸椎異常、脳圧・血圧異常者などでは無理に懸垂頭位をとらない)

注意点
※暗い静かな部屋での実施が望ましい。 ※眼を動かさないように注意する。 ※頭位の変化は3~5秒かけて出来るだけゆっくり行い、動的影響を避ける。 ※頭位変化に際しては、検者は被検者の側頭部を両手で軽く保持して行う。 ※潜伏時間、減衰現象、めまい感随伴の有無などについても観察する。

判定

明らかな眼振は病的

  • 水平・回旋混合性【坐位】

    ※上図のように、すべての頭位で眼振が生じるとは限らない

  • 水平・回旋混合性【仰臥位】

    ※上図のように、すべての頭位で眼振が生じるとは限らない

  • 垂直性【坐位】

    ※上図のように、すべての頭位で眼振が生じるとは限らない

  • 方向交代上向性【仰臥位】

  • 方向交代下向性【仰臥位】

  • 垂直性【仰臥位】

    ※上図のように、すべての頭位で眼振が生じるとは限らない

  • 回旋性【仰臥位】

頭位変換眼振検査

頭位変換眼振検査(右) 動画flv4 頭位変換眼振検査(左) 動画flv4 頭位変換眼振検査(中央) 動画flv4

原理

急激な頭位変化(頭位変換)により、動的な前庭刺激を与えて生ずる眼振を観察する。
眼振は耳石器と半規管の刺激で誘発される。


手技

①頸椎異常の有無を問診する。(異常のある患者は検査を控える) ②フレンツェル眼鏡あるいは赤外線CCDカメラを装着する。
<良性発作性頭位めまい症(後半規管型)の診断目的>
③-1坐位頭部を右(左)に45°捻転→捻転したまま懸垂頭位にし、眼振を観察する→捻転したまま坐位に戻し、眼振を観察する。 ③-2 坐位頭部をゆっくり懸垂頭位にし、眼振を観察する。
注意点
※重症者には無理に行わない。 ※暗い静かな部屋での実施が望ましい。 ※眼を動かさないように注意する。 ※頭位変化に際しては、検者は被検者の側頭部を両手で軽く保持して行う。 ※潜伏時間、減衰現象、めまい感随伴の有無などについても観察する。

  • 反対回旋性

  • 水平回旋混合性

※上図のように、すべての頭位で眼振が生じるとは限らない

頭振り眼振検査

頭振り眼振検査 動画flv4

原理

頭振りの反復によって、潜在性の自発眼振を誘発させ検出する。

手技

①フレンツェル眼鏡あるいは赤外線CCDカメラを装着する。 ②坐位前屈30°などにて、頭を左右各45°(合計90°)位捻転しもどす。10往復/10秒間、30往復/15秒間などの頻度で 被動的に頭振りする方法がある。 ③正面位で停止し開眼させ、誘発された眼振を観察記録する。

判定

明らかな垂直性眼振が出現する場合は、中枢障害が示唆される

参考資料:Equilibrium Res 65(6):468, 2006 平衡機能検査法基準化のための資料-2006年平衡機能検査法診断基準化委員会答申書、及び英文項目-
「イラスト」めまいの検査[改訂第2版]日本めまい平衡医学会編 診断と治療社

PAGE TOP