1. HOME
  2. 眼振の実際
  3. 動画で見る眼振

動画で見る眼振

監修:聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科
教授 肥塚 泉 先生

眼振所見を動画で紹介します。

水平・回旋混合性眼振 メニエール病や前庭神経炎、めまいを伴う突発性難聴などの末梢性めまい疾患(耳性めまい)で認められる眼振。片側の外側・前・後半規管のすべての機能が低下あるいは亢進、上・下前庭神経が障害するとこのような眼振が解発される。 再生する
回旋成分を有す上眼瞼向き眼振 良性発作性頭位めまい症(後半規管型)で認められる眼振。片側後半規管のみが刺激された結果、同側眼の上斜筋と対側眼の下直筋が収縮して回旋成分を有す上眼瞼向きの眼振が解発される。 再生する
上眼瞼向き眼振 上眼瞼向き眼振を認める疾患を以下の表1に示す。延髄の舌下神経周囲核(PHN)、橋の結合腕(BC)、腹側被蓋路(VT)が両側性に障害されると上眼瞼向き眼振が生じる。 表1 再生する
下眼瞼向き眼振 下眼瞼向き眼振を認める疾患を以下の表2に示す。前庭神経核間の第四脳室底の病変(下直筋への持続性興奮性神経活動を遮断)、小脳片葉の両側性の病変(上直筋への持続性興奮性神経活動を脱抑制により増強)など、中枢性の垂直性前庭-眼経路の障害で生じる。 表2 再生する

動画提供:聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科 教授 肥塚 泉 先生

PAGE TOP